メニュー

院長ブログ

第10回 ビタミンDの上手な摂り方ってどうするの?(2019.05.10更新)

適切な量のビタミンDないと骨折しやすくなったり、筋力が弱ったり、風邪をひきやすくなります。

そのために、自分でできる事を紹介します。

  1. 適度な日光浴行う!晴れた日に大体20分程度日光に当たればビタミンDの合成が促進されます。
  2.  ビタミンDを多く含むものを食べる。干しシイタケやちりめんじゃこ、サーモン、メカジキ、牛乳、ヨーグルト、イワシ、牛レバー、ツナ、卵黄です!

 それでもだめならサプリです。

また、骨粗鬆症がある人は健康保険を使ってビタミンDを処方できます。

骨粗鬆症の心配がある方は是非当院にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME

local_phone 06-6585-3470